まだまだ寒い3月にダウンコート姿でつくしを取る

スギ花粉の飛散がピークになって来ているのだから、季節は確実に春になっているのでしょうが、3月になっても寒の戻りが続いて、まだまだ寒い日々です。天気予報士さんがテレビで「まだダウン等の冬コートを片付けるのはもう少し待った方がいい」と言っていたので、私はそれを信じて、気温の低い日や風の強い日はまだダウンを着て出掛けています。
先日新しいスーパーマーケットがオープンし、年会費も無料なのでポイントカードを作った帰り道、またカードが1枚増えてしまったなぁ〜と、私はポイントカードなどでパンパンに膨らんだ財布を眺めていました。あまり使わないカードは別の所に入れて整理しようか…等と考え、財布を触りながら住宅街を歩いていた時、うっかり財布の中から百円玉が落ちてコロコロと転がって行ってしまいました。
一円玉ならまだしも大事な百円ですから、私は慌てて追いかけました。すると、道路と金網の様なフェンスを隔ててマンションの敷地になっている野原みたいな所に、百円がありました。あった!と喜んだものの、金網と地面の隙間から手を入れても、あともう少しのところで手が届きません。
私は人目を少し気にしながらも、地面に這いつくばる様にして、持っていたボールペンを使い、悪戦苦闘の末に何とか百円玉を取る事が出来ました。そしてその時、ちょうど百円玉のあった場所に、可愛いつくしが何本も生えているのを見つけたのです。
今はそんな事をする人は少ないのでしょうが、昭和生まれの私が子供の頃は、土手に生えるつくしを取って来ては、母に佃煮にしてもらって食べたものです。実家の母に見せてあげたくて、つくしを1本だけ拝借し、その場を後にしましたが、まさかダウンコートを着てつくしを取るとは思いもしませんでした。女性 ひげ 脱毛

まだまだ寒い3月にダウンコート姿でつくしを取る